【Ogama開催】ひとつづりVol.11 周防苑子(ハコミドリ)【6月2日~7月17日】(2017/05/16)

ひとつづりVo_11表ol

 

[ 概 要 ]

「ひとつづり」とは、人と人、人とモノとの出会いを綴り繋げるOgamaの企画です。

11回目となる今回の綴りびとは、周防苑子(すおう そのこ)さんです。

 

まるで鉱物の結晶体を思わせるガラスのハコに、力強いミドリの命がきりとられた「観葉箱」。あるいはドライに時を止めた「植物標本」。2014年から始まって以来、その魅力は広まり続けています。

ハコの素材は、家屋解体時の廃ガラス。ミドリは周防さん自身が直接仕入れた多肉植物や花々です。

周防さんが魅せられた植物の姿のうつくしさを、ハコミドリが観せてくれます。こんなにもうつくしい。

今回は「植物標本」を中心に。同時開催のアクセサリー展にあわせて鏡も登場します(「観葉箱」もお招きできるかも。続報をお待ちくださいませ)。

2016年には滋賀県彦根市の湖畔にアトリエをオープンし、イベントに出張にと活動の幅も奥行もますます広がる周防さん。彼女の抱くわくわく感も詰め込んでご紹介します。

 

廃ガラスから生まれたハコが

ミドリそのもののうつりゆく造形美を届けるハコミドリ。

 

Ogamaをきっかけに、訪れる皆さまとつながりが持てれば幸いです。

 

[ 会 期 ]2017年6月2日(金)~7月17日(月)の全営業日

[ 会 場 ]Ogama 1F

入場無料

つづりびと :周防苑子 (ハコミドリ

(敬称略)

 

*同時開催:ひとつづりvol.10アクセサリー展