【Ogama開催】ひとつづり Vol.06 荒川尚也【9月30日~10月24日】(2016/08/31)

ひとつづりvol.06荒川尚也

 

[概 要]

「ひとつづり」とは、人と人、人とモノとの出会いを綴り繋げるOgamaの企画です。

今回の綴りびとは、ガラス作家の荒川尚也(あらかわなおや)さんです。

 

荒川さんの工房「晴耕社ガラス工房(せいこうしゃがらすこうぼう)」は緑豊かな京丹波にあり、吹きガラスを中心にスタッフの方々と制作していらっしゃいます。

 

透明な輪郭が浮かび上がる器は、森深くに流れる水を取り出したかのよう。

目でかたちをなぞっていると、そこにあるのが硬質なガラスだと忘れてしまうかもしれません。

もちろん目を喜ばせるだけでなく、

そして使いやすいだけでなく、

吹いた形に加えた揺らぎやたわみが、手に取るとき、口に触れるときどきを愉しい物にしてくれます。

 

 

いつまでも人を楽しませ続ける荒川さんのガラス。上質な普段使いを選びに、ぜひお立ち寄りくださいませ。

Ogamaをきっかけに、訪れる皆さまとつながりが持てれば幸いです。

 

晴耕社ガラス工房 荒川尚也氏 HPはこちら >> 荒川尚也|晴耕社ガラス工房

ガラスに向かう荒川さんの言葉がつづられた「column」は必読です。

 

[ 会 期 ]2016年9月30日(金)~10月24日(月)の全営業日

[ 会 場 ]Ogama 1F

入場無料

 

*第3回 信楽まちなか芸術祭(10月1日~23日)開催!

実はOgamaの登り窯も、2名のアーティストによる作品展示会場に選ばれました!嬉しい!その一人は、なんとなんと、荒川尚也さんの娘・朋子さん……!奇しくも、親子揃っての展示会となります。作品展示について詳しい情報が入りましたら、随時こちらでもお知らせいたします◎どうぞお楽しみに!

 

荒川さんは、vol.04 アクセサリー展の綴りびと 中大路優さんにご縁を繋いでいただきました。感謝いたします。

ひとつづり vol.04 アクセサリー展 概要

綴りびと紹介 中大路優