「ひとつづり」Vol.13 綴りびとの紹介とお話 kotokoto(2017/09/19)

開催中のひとつづりVol.13の綴りびと、kotokotoさんのご紹介です。

開催概要はこちら >> ひとつづりVol.13 古本・古道具企画

5つの質問にこたえていただきました◎

写真_kotokoto

 

Q.1 日々の生活の中で大切にしている時間は?
A.1 1歳の娘とのひととき。理解できない言動を理解するのが楽しい。

Q.2 仕事中に欠かせないものは?
A.2 目薬。これがないと無理。

Q.3 人にすすめたい本は?1冊教えてください!
A.3 『雑貨店おやつへようこそ 小さなお店のつくり方つづけ方』

Q.4 今回のお品物ラインナップから一押しを教えてください!
A.4 「日本の古い活版ピアス」
廃業した印刷屋の活版印刷機に組み込まれていた活字を、ピアス・イヤリングに仕立て直しました。地図印刷をメインにされていたことから、通常の文字よりも小さい活字を数多く有しておられました。

Q.5 これからやってみたいこと、挑戦したいことは?
A.5 レトロ紙を使ったアクセサリーを制作してみたいです。現在はアクセサリー作家として活動していますが、ライター、デザイナー、古物商など過去の経験を生かした教室をやってみたい・・・かも・・・いつか

 

 

kotokoto(ことこと)
東欧レトロ×アクセサリーの夫婦によるブランド。アンティークの可愛らしさをたくさんの人に知ってもらい、普段の生活のなかで使ってもらえるようリメイクした品々はもちろんどれも一品物。小さいころから「つくる」ことが好きで、あちこちから素材を集め、料理を煮込むかのように「コトコト」と創作を続けているのだとか。イベント出展を中心に奔走中!

会期は10月2日まで!お見逃しなく◎

staff mori