【Ogama開催】ひとつづりVol.15 巴誉・奈盧窯【11月23日~12月25日】(2017/10/17)

ひとつづりVo_14表

 

[ 概 要 ]

「ひとつづり」とは、人と人、人とモノとの出会いを綴り繋げるOgamaの企画です。

 

今回は奈良から、ふたつの「あお」がやってきます。

 

ひとつは、タイル作家の巴誉(ともよ)さん。
日本の素材からスペインタイルの技法で作られた創作タイルは、まさに「花瓦」という銘まま。
模様の中でニュアンスを変えながら配された「あお」に、異国情緒をおぼえる一方でなつかしさも湧いています。

 

もうひとつは、豆岡憲さん廣瀬奈央さんお二人による作家ユニット、奈盧窯(なるがま)さん。
丁寧なろくろ仕事と心の栄養になるような色展開で普段使いの器作りをする陶工たち。
透明感ある色はどれも瑞々しく、特にその「あお」は空や海のおおらかさも溶け込んでいるかもしれません。

 

連続模様の花開く巴誉さん
端正な形に色の濃淡を纏う奈盧窯さん
青、蒼、藍。「あお」をテーマに集います。

Ogamaをきっかけに、訪れる皆さまとつながりが持てれば幸いです。

 

*在廊日 : 初日11/23(木・祝) 綴りびとみなさんがおそろいで在廊くださいます*

 

[ 会 期 ]2017年11月23日(木・祝)~12月25日(月)の全営業日

[ 会 場 ]Ogama 1F

入場無料

つづりびと :

巴誉(創作タイル花瓦)
奈盧窯(陶芸作家ユニット)

(敬称略)

 

今回、Vol.07杉本泰彦さんから巴誉さんを、そして巴誉さんから奈盧窯さんのご縁をいただきました。感謝いたします!