今年も、来年も。(2017/12/19)

毎年恒例、明山窯の干支置物の制作も大詰めを迎える今日この頃、Ogamaに嬉しいご報告がありました。

「十二支、揃いました」

 

oyako-04-

うるうるの瞳

 

明山窯では2007年の亥(いのしし)から、現シリーズの土味ある白い干支置物を作り始めました。

 

ご報告してくださったのは、リピータのご夫婦です。毎年この時期必ず信楽まで、Ogamaがオープンしてからは店頭へ、ご来店くださっていました。

選ぶのは必ず親子のセットです。

今回の戌がお宅に着いたら、ずらっと12種24匹(頭?)ならべてくださるのかな。

 

12年間、明山の干支を選び続けてくださったことはもちろん有難いことで、感謝の気持ちです。でもそれ以上に、ご夫婦がお元気でご来店くださったことにこそ、嬉しさを覚えました。

寒さが日に日に増す信楽で、またのご来店をお待ちしています。

 

staff mori